早期発見で、助かる命、繋がる命。

発見方法

看護師

大腸がんの初期症状、自覚症状は1つではありません。人によって様々なものがありますし、がんができる場所によってはさっぱり気づかない人、またはすぐさま気づく人と別れることもあります。大腸がんには直腸がんと結腸がんという種類があり、直腸がんは直腸の腫れ、大便の回数が増える、下痢が続く、痔ではない血が出てくるというような自覚症状が出てくるようになります。直腸がんが出来る場所は非常に肛門へ近いために、便や排便時、または残便感というようになにかしら変化に気づきやすいことが特徴です。また、腸内にカメラを入れればすぐさま症状が確認できるために、手術も発見も楽なのが特徴です。次に結腸がんがありますが、これは直腸に比べてやや奥に存在するがんになっています。これは排便時よりもお腹あたりに症状が現れることが多いです。お腹にしこりができたり、それが破裂して大出血をおこしたり、下痢になったりすることがあります。排便には問題がなくても、異様に疲れるようになった、謎の腹痛が増えた、お腹が常にでっぱったような感じになっているという症状が出ることもあります。結腸がんになると内部に腫瘍ができ、それが便をせきとめてしまうようになります。それよりガスがたまったり、下痢になってながれてきたり、お腹のハリを感じたり、時には強い腹痛を感じるようになるのです。普通の便秘とは症状が違いますから、何かおかしいと感じればすぐさま検査を受けることが希望されます。