早期発見で、助かる命、繋がる命。

がん大国

医者
  • がんの転移を防ぎたい方は、此方のサイトをご覧になってみてください。がんの転移に立ち向かう方法が載っています。
  • 日本は長寿国として有名です。医療も発達して素晴らしい精度をもっています。そうして人間が長生きできるようになったとき、どうしても現れてしまう病気にがんがあります。これは人間の細胞自身が引き起こす病気であり、なんといまでは3人に1人ががんになっているといわれているくらいなのです。がんというとマイナスなイメージが非常に大きくなっていますが、がんは早期治療によって治すことが可能な病気なのです。得に大腸がんは手術によって根治が可能な病気であり、やや進行していても十分に取り戻せます。年間大腸がんと診断される人数は男性で7万人、女性で5万人もいるといわれています。この比率は他のがんと比べても相当に多く、男性の場合は3番目に多いがんであり、女性の場合は2番目に多いがんとなっています。基本的にがんは早期発見であれば高確率で治すことが可能となっており、得に大腸がんは完全に治療することができる代表的なものです。40歳程度から大腸がんになる患者さんが増えてくる傾向にありますから、そのあたりの年齢になれば定期的にがん検診を受けることをオススメしています。大腸というのは人間に栄養をはこぶために必要不可欠な臓器であり、ここの調子が悪ければすぐさま体に影響してくるくらいに重要な存在です。これは日常生活やストレス、それに体質によってダメージを受けるようになっていますから、自分が生活を少し正すだけで大腸がんにかかるリスクを激減させることも可能です。

    記事一覧

    回診

    出来る場所

    大腸がんにはいくつかの種類があり、良性から悪性までいろいろな場所にできいろいろな症状を生み出します。しかし、大腸は切除が可能な部分であるために、かかっても早期発見であれば早々にがん部分を切り離してなかったことにできます。

    » 詳細を確認する

    看護師

    発見方法

    がん検診をしなくても、自分で感じる症状もあります。大腸は便を生み出す場所でもありますから、トイレにいったときに変化に気づく人も多いです。中には、なんともいえない違和感を覚えたことにより、大腸がんを発見するような人もおります。

    » 詳細を確認する

    病棟

    原因

    どうして大腸がんが増えているのかという疑問ですが、それにはちゃんとした理由があります。現代人が抱えている様々な問題が連鎖することで、この大腸がんへと繋がっていることもあります。毎日の生活を改めることにより、このリスクは回避できるようになっています。

    » 詳細を確認する